So-net無料ブログ作成
検索選択

MNPでイオンSIM(みおふぉん)へ 【中編】 [iPhone/iPod]

(前編より続く)

そもそも何で17年も使っていたドコモを抜けたかというと、
長期契約者であることに何のメリットもなく、

docomo.jpg

ただただ乗り換えユーザーへのダシに使われていること、
まさに昨日、有識者会議の提言にまとめられた。

携帯値下げ要請へ…5000円プランなど提言 - 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151217-OYT1T50046.html


更には、ドコモが2014年6月に始めた新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」
機種変・新規時のカケホーダイの強制加入が一番の決定打だった。

新たな料金プランおよび割引サービスの提供開始 - 2014年4月10日(PDFファイル) https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/binary/pdf/irnews/140410/notice_140410.pdf



以下の記事の「質疑応答」にて、
 Q:16年以上契約しているユーザーはどれほどいるのか?  A:だいたい15%
の箇所を見て結構多くいたものだと思った。

速報:NTTドコモ、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」発表。6月1日開始、予約は5月15日 http://japanese.engadget.com/2014/04/10/ntt-15/



私の結論としては、
キャリアはどうしても7000円がほしい。

しかしMVNOに乗り換えれば4分の一程度に抑えることが出来る。

キャリアメールも別に使わないなど、
半年以上前から離れる気満々で、MVNOとSIMフリー端末について調べていました。


MVNOの候補には、
・OCN モバイル ONE
・IIJmio みおふぉん

SIMフリー端末の候補には、
・2015年に出るであろうiPhone

(上記候補は今年の4、5月頃の話です。)



そして今回なぜイオンSIMか。

■イオン SIMコーナー
https://www.iijmio.jp/aeon/corner.html
■IIJmio(みおふぉん)
https://www.iijmio.jp/hdd/


サイトを見ていれば分かるが、

通常の「みおふぉん」の場合、
・音声通話機能付きSIM みおふぉん 月額1,600円(税別) 3GB。

イオン SIMの場合、
・IIJmio 音声通話パック for イオン 月額1,600円(税別) 3GB。

 上記にプラスして、
 24ヶ月間のバンドルクーポン1GB増量。無料通話が6ヶ月間600円分がついてくる。


どちらが契約して得をするかは、火を見るより明らかだった。


他にも、同じIIJmioのBIC SIMなどあるが、

■BIC SIMカウンター(BIC SIM powered by IIJ)
https://www.iijmio.jp/bicsim/counter.html

キャンペーンが「バンドルクーポン1GB増量は、ご契約の翌月から12ヵ月間となります」だったのでスルーしました。


(こんどこそ後編に続く)
  




タグ:iPhone
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。