So-net無料ブログ作成
検索選択

見破ったヨーロッパGPは退屈なものだった [F1]

バレンシア市街地コースで行われたヨーロッパGPですが、今年一発目の中継見破りをしてしまいました。

コースレイアウトを見ると、ストレートらしきものが4本とストレートエンド付近でのバトルが頻繁に見れるのかな?との印象。

--でしたが蓋を開けてみれば、決勝のリザルトは今シーズン初の表彰台の3人は予選の順位そのままの退屈なレースのようでした。

フェラーリにとって2戦連続のエンジンブロー、マッサとライコネンの両ドライバーにとって落としてはいけないここ2戦のレースでした。

優勝したマッサは2戦連続好走をしているのでいいのですが、ライコネンがさっぱりなのはどういったことなのでしょうか?

ここ最近入賞圏内ではありますが、全く優勝争いに絡むことができずにいます。

ランキングトップのハミルトンとは13ポイント差、「もし」の考えがあれば1レースでつまるようなポイント差だとはいえますが、今のライコネン+フェラーリのパッケージングを見る限り漁夫の利さえ危ういといえるでしょう。


キミ・ライコネン(フェラーリ) 45周リタイア
 「こんな1日の後では、あまり言うことはない。もちろん、僕が望んでいた週末ではなかったけど、この最悪の結果にもかかわらず、今もタイトル争いからは外れていないと信じている。まだ6レースあるし、60ポイントが手つかずのままなんだ。今では形勢がより困難なのはわかっているけど、僕たちは状況があっという間に変わるのを見てきている。今日は、スタートでひとつ順位を落とし、第1スティントはずっと渋滞に引っかかってしまった。その後、目の前のコースが空いたときはプッシュできたし、いいラップタイムで走れていた。2回目のピットストップでは、ミスをして行くべきタイミングより前に出て行ってしまった。幸運にもピエトロ(・ティンピーニ、負傷したメカニック)はあまりひどい怪我でなかったよ。彼がすべて大丈夫なことを祈っているし、早くよくなってほしい。いずれにせよ、その後エンジンが壊れたので何も違いはなかったね。これからは次戦の準備と予選パフォーマンスの改善に集中しなければいけない」


兎に角、次戦のスパで行われるベルギーGPだけは見破らないようにしないと…。



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス [Wii]

すっかり夏の暑さも消え、Blogの存在を忘れかけていた今日この頃ですが…。

最近、やるゲームがロスプラしかないなーっと思っていたところ、
家に転がっていましたWiiの「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」です。

wiizeldaopening.jpg
Wii「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」

購入して1年以上経つのにさわりの部分で積みゲーと化していた据置のゼルダ最新作。




時はすぎ、いっきにクリアしました。

wiizeldaend.jpg
Wii「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」エンディング

ゼルダはやっぱり面白いと確認できる作品でした。

途中何度か攻略サイトの力を借りながらの道のりでしたが、
なんとかエンディングまでもっていくことが出来ました。

Wii版では右利きのリンクでプレイしますが、GC(ゲームキューブ)版では通常の左利きでプレイ出来ると確認できましたがGC版までやる気力は残っていませんので手は出さないでしょう。

Wii版をプレイしていて感じたのがキャラクターの輪郭がギザギザ(ジャギー)が凄い目立ったという印象です。
SDなのにマリオカートWii辺りではそこら辺りの処理がうまく誤魔化せていますので、Wii専用とした新たな「ゼルダの伝説」が出るということなのでそちらでジャギーの軽減をお願いしたいなーと思いました。
Wii版はもともとGC版制作の製品を2機種同時発売というところでムリがあったのかもしれません。


これが終わってしまったのでXbox 360の「インフィニット アンディスカバリー」の発売まで2週間ほど空いてしまったのが悲しいかな。

次は何をやろうか、どうせーロスプラしかないんです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。