So-net無料ブログ作成

2012年第9戦 イギリスGP [F1]

予選のQ2が1時間半も大雨で中断したイギリスGPは今シーズン初めてフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

f1_logo.png

続く予選グリッドは2位にマーク・ウェバー(レッドブル)、3位にミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)だった。

序盤から順位が変動しないグランプリのせいで途中でリタイア=寝てしまいました。


上位勢では唯一、ハードタイヤでスタートしたアロンソは終盤40周過ぎに履いていたソフトタイヤでグレイニング(異常摩耗)が左フロントの発生し優勝から転げ落ちた。

ハードタイヤスタートにも関わらず早めの14周でピット作戦をしたのが裏目に出た格好だ。
もう数周、少なくとも2~3周は勝つためには伸ばしても良かったのかもしれない。

そのアロンソを喰ったのがウェバーだった。48周目、DRSとKERSを駆使したウェバーのオーバーテイクにはアロンソは為す術なく2位に落ちた。


17番手スタートの小林可夢偉は2回目のピット作戦でクルーをはねて10秒以上タイムを失いポイントが転げ落ちた。


次戦は7月22日に第10戦ドイツGP、ホッケンハイムリンクで決勝が行われる。


■リンク

2012 FORMULA 1 SANTANDER BRITISH GRAND PRIX - The Official F1 Website
http://www.formula1.com/results/season/2012/872/
 

続きを読む


タグ:F1
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。