So-net無料ブログ作成

カワサキがMotoGPから撤退 [MotoGP]

最近噂になっていたカワサキのロードレース世界選手権(MotoGP)からの撤退が7日発表されました。

F1のホンダ、WRCのスズキ、スバルに続き国内メーカーにおいて4つ目の撤退となりました。

MotoGPはF1に比べ、1/10の参戦費用で済むので楽観視していましたが、
2、3日前より突如として出てきた撤退報道。

自動車販売の不振は、バイクにもあったということですね。

カワサキのライムグリーンが消え去る。


撤退はMotoGPだけなのか?が現時点で分からないのですが、
スーパーバイク世界選手権(WSB)では、MotoGPから移籍したばかりのマルコ・メランドリ(イタリア)や、
また日本の玉田誠の去就が気になる…。


川崎重工業:「モトGP」への参戦休止、経費削減で - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090108k0000m020030000c.html

川崎重工業、モトGPから撤退検討…二輪車の販売不振で - 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20090107-OYT1T00634.htm

川重、「モトGP」の参戦休止へ 09年シーズンから - 日経新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090107AT1D0707707012009.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

コークスクリューを味方にしたロッシが優勝!アメリカGP [MotoGP]

ラグナセカで行われたアメリカGP、この時間まで起きていたのに見逃してしまいました…。
G+を見たら、表彰式でヤマハのロッシが一番高い所で笑っていました。

2位には激闘を終えたケーシー・ストーナー(ドゥカティ)。
コースオフでロッシに独走を許しましたが、コークスクリューでのロッシとのバトルは見ごたえたっぷりでした。

コークスクリューでロッシがダートにタイヤを掛けながら抜いてる凄いシーンが見れました。
しかし、このオーバーテイクにストーナーが「もっとフェアな抜き方をしてくれたら…」ととても怒っているようです。

雨のクリス・バーミューレン(スズキ)が2戦連続の3位表彰台、晴れでも速い所を見せ付けました。

前戦のドイツGPで大クラッシュを喫したダニ・ペドロサ(ホンダ)は決勝を見送ったようです。

D.ペドロサ、キャンセルを決断 | The Official MotoGP Website
http://www.motogp.com/ja/news/2008/Pedrosa+withdraws+from+Red+Bull+U+S+Grand+Prix


□リザルト

USA | The Official MotoGP Website
http://www.motogp.com/ja/Results+Statistics/2008/USA/MotoGP

Moto-Live.com
http://www.moto-live.com/motogp/en/live/500/live7.shtml

続きを読む


タグ:MotoGP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ドゥカティ・ストーナー独走V、ヘイデンショックの4位 [MotoGP]

6/28、第9戦オランダGPは土曜日に決勝がアッセン・サーキットで行われた。

ポールポジションからスタートしたケーシー・ストーナー(ドゥカティ)が一度もポジションを奪われることなく2戦連続のポール・トゥ・ウィン、今季3勝目を挙げた。

2位には10秒遅れでダニ・ペドロサ(ホンダ)。
これでペドロサがロッシに4ポイント差の首位に立った。

3位には6番グリッドからスタートのコリン・エドワーズ(ヤマハ)が入った。
エドワーズはロッシの転倒の影響で集団の最後尾まで下がった中での表彰台獲得だった。

4位のニッキー・ヘイデン(ホンダ)はラストラップの最終コーナーのシケインで突然スピードが無くなり、
チェッカー手前で3秒後方にいたエドワーズに抜かれた。
解説者の宮城、岡田さん曰くガス欠だということだ。

序盤で転倒したロッシは11位フィニッシュ、5ポイントを獲得した。
ロッシのバイクは左足を置くステップが無くなった状態、その中で2台を抜くサーカス走行だった。
ロッシはこれでランキング首位陥落した。

中野真矢(ホンダ)は力なく8位だった。



タグ:MotoGP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

オランダGP、1周目でロッシ転倒! [MotoGP]

久々にリアルタイムで見ていますMotoGP。

土曜日の決勝開催のオランダGPのオープニングラップで波乱だ!

ロッシがスリップ、ドピニエのマシンを巻き込んでコースオフした。

その後ロッシはコースに復帰。

いきなりランキングトップのロッシにアクシデント発生だった。


タグ:MotoGP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

WGP250cc、4気筒600cc化へ [MotoGP]

現在、ロードレース世界選手権(WGP)はMotoGP、250cc、125ccの3クラス構成となっている。
2011年、250ccクラスのマシンが2気筒から新たな4気筒600ccクラスの承認されることが高まっている。

下記の4団体で組織される「GPコミッション」ですでに4気筒マシンでの合意されている。
・モーターサイクリズム連盟(FIM)
・国際レーシングチーム協会(IRTA)
・プロモーション、マネージメント(ドルナ)
・モータースポーツ・メーカー協会(MSMA)

あとはドルナとMSMAの排気量600ccの提案をFIMに承認されることになれば、2011年から「4気筒600cc」が誕生する。


Fedration Internationale de Motocyclisme
http://www.fim.ch/en/default.asp


タグ:MotoGP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ストーナーがポールトゥウイン、気になるヘイデンは7位 [MotoGP]

世界最高峰のバイクレースMotoGPの第8戦イギリスGPは、晴天の中ドニントン・パークで行われポールポジションスタートのケーシー・ストーナー(ドゥカティ)が一度も順位を受け渡すことなく独走で今季2勝目を挙げました。

2位にはヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、3位にはダニ・ペドロサ(ホンダ)でした。

今回注目していた新エンジン+新シャーシで臨んだニッキー・ヘイデン(ホンダ)でしたが、2列目となる4番手スタートでオープニングラップで3位に順位を上げるものの、その後はトラブルで9番手スタートのペドロサに抜かれ、そしてエドワーズ(ヤマハ)、ドヴィツィオーゾ(ホンダ)、そして17番手スタートのホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に次々と抜かれ7位フィニッシュだった。

コースとマシン特性があっていなのかな?という具合でした。

それにしても、ロレンソの11台抜き圧巻のライディングです。

ニッキー・ヘイデン(レプソル・ホンダ・チーム)
「決勝に向けて、すべてが順調だった。レースも序盤はうまく走れていた。しかし、中盤になってセンサーが点滅するようになり、それが何を意味するのか分からなくて、ペースを落とした。結局、大きな問題はなかったのだが、それでリズムを崩してしまった。終盤には再び29秒台のペースを取り戻せたが、7位に終わってしまった。もっと上のポジションでフィニッシュしたかったという思いはあるが、今回のレースで得た収穫は大きなものだった。今回はニューエンジンで初めてのレースだった。そう簡単ではないと思っていたが、今回のレースで得たデータは、次のアッセンのレースに生きるはずだ。今回のレースは、全力を尽くしてくれた、HRC、そしてチームに心から感謝している」



MotoGP | The Official MotoGP Website
http://www.motogp.com/ja/motogp/

Honda | ロードレース世界選手権 | 第8戦 イギリスGP
http://www.honda.co.jp/WGP/race2008/rd08/report/

タグ:MotoGP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ホンダのN・ヘイデンがフリーで2位 [MotoGP]

昨日お伝えしたとおり、ホンダのニッキー・ヘイデンが新エンジンでイギリスGPに登場しました。
フリープラクティスながら昨年優勝したケーシー・ストーナー(ドゥカティ)に続く2位に入りました。

2008年6月20日(金)
1日目フリー走行
会場:ドニントンパーク・サーキット
天候:曇り/晴れ

気温:19℃
コースコンディション:ドライ



ニッキー・ヘイデン(レプソル・ホンダ・チーム)
「今日はHRCに感謝したい。今大会、ニュウマチックバルブ・エンジンを使うことを望み、それを叶えるために全力を尽くしてくれたからだ。トップ3、トップ4に入ることが、ニューエンジンを使う条件だった。午前中は5番手だったが、午後のセッションは2番手だった。今日は、路面温度が低く、表面も汚れていたが、まずまず順調だった。その状況の中でもストーナー(ドゥカティ)は速かったし、まだまだやらなければいけないことはある。しかし、全体的に見ればすばらしいスタートが切れた。このコースはストレートが短くて5速しか使わないけれど、ニューエンジンはとてもアグレッシブで、自分のフィーリングに合っている。新しいシャシーも安定性が増してよかった」


イギリスGP予選は、本日深夜26:30~27:45、スカパーG+で放送されます!


□ニュースソース

ヘイデン2番手。トップ10にHonda勢が5台と好調なスタートを切る| Honda
http://www.honda.co.jp/WGP/race2008/rd08/practice/

N.ヘイデン&レプソル・ホンダ、ニューマチックバブルエンジンを投入 | The Official MotoGP Website
http://www.motogp.com/ja/news/2008/Hayden+pneumatic+valve+gamble+pays+off+on+first+day+run
タグ:MotoGP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ホンダが新エンジン「ニューマチック・バルブ・エンジン」投入へ [MotoGP]

今週末、MotoGP第8戦スペインGPがドニントンパーク・サーキットで行われます。

今シーズン苦戦しているホンダの06年王者ニッキー・ヘイデン(アメリカ)に朗報となる、新エンジンが投入されるようです。

rc211v2008.jpg
RC212V (2008年モデル) ホンダ公式サイトより

第6戦のイタリアGPにワイルドカードで参戦したHRC開発ライダーである
“タディ”こと岡田忠之が駆っていたマシンに搭載されていたエンジン「ニューマチック・バルブ・エンジン」がそれです。

今シーズンのヘイデンはレプソル・ホンダ・チームの同僚ダニ・ペドロサ(スペイン)ポイントランキング2位(135pt)に遅れること、9位(48pt)。
第2戦スペインGPの4位が最上位と散々たるリザルトです。


ペドロサは今回、現行エンジンで行くようですね
ドゥカティも凌駕するほどの、パワーをもっているらしいですね。
ストレートエンドでドゥカティに抜かれるシーンというのも減るでしょう。

兎に角、最近の酷い状態から脱してほしい。そんなところです。


□リンク

Honda | モータースポーツ | ロードレース世界選手権(MotoGP)
http://www.honda.co.jp/WGP/

MotoGP速報ニュースサイト インテリマーク - ホンダの新エンジンはデスモセディチに匹敵?
http://www.intellimark.co.jp/2008/articles/news20080601008.html




2007 MotoGP 年間総集編

2007 MotoGP 年間総集編

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: DVD



1/12 オートバイシリーズ No.106 レプソル Honda RC211V '06 14106

1/12 オートバイシリーズ No.106 レプソル Honda RC211V '06 14106

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



タグ:MotoGP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ロッシが地元イタリア7連勝&今季3連勝 [MotoGP]

夕方から放送の「G+」を見破ったため、
地上波の日テレで見ることになりましたMotoGPイタリアGP。

rossi_itagp.jpg
MotoGP第6戦イタリアGPで今季3連勝、地元7連覇を達成したヤマハのV・ロッシ

地元イタリア7連勝&今季3連勝が掛かるバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がポールポジションでスタート。

ホールショットを奪うと後はそのままゴール。

2位3位争いは中々面白かった、ケーシー・ストーナー(ドゥカティ)とダニ・ペドロサ(ホンダ)の抜きつ抜かれる。
終盤はストーナーがスピードを上げ、ロッシも脅威だったと言わしめるような復活の2位でフィニッシュ。

しかし、その他は淡々としたレースで面白味の欠けるレースだった。
中野真矢(ホンダ)は、“転倒屋”ホルヘ・ロレンゾのリタイアもありやっとのシングル9位。

スポット参戦をしていたホンダのテストライダー岡田忠之は14位、2ポイント獲得だった。


MotoGPより250・125ccの方が面白いのは変わりなし。

次戦は来週6/8は“スペインの至宝”と云われるペドロサの地元、カタロニアGPです。

-------
レース情報 | ヤマハ発動機株式会社
http://www2.yamaha-motor.co.jp/profile/sports/race/report/result.asp?sche_no=722&div=02

Vale, il futuro sorride  "Pacchetto vincente" - Gazzetta dello Sport
http://www.gazzetta.it/Motori/Motomondiale/MotoGP/Primo_Piano/2008/06_Giugno/01/parlano.shtml

E un grandissimo Rossi  Altro trionfo al Mugello  - Gazzetta dello Sport
http://www.gazzetta.it/Motori/Motomondiale/MotoGP/Primo_Piano/2008/06_Giugno/01/motogpgara.shtml




タグ:MotoGP ロッシ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ロッシ今季初V、MotoGP中国GP [MotoGP]

G+放映の「MotoGP」を久々にリアルタイムで見ました。

MotoGPの中国GP決勝は、オープニングラップをPPスタートのコーリン・エドワーズ(ヤマハ)が奪い、ケーシー・ストーナー(ドゥカティ)、ヴァンレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ダニ・ペドロサ(ホンダ)が続く。日本人ライダーの中野真矢は13位。

このレースでMotoGP初勝利を目指していたエドワーズは終始精彩を欠いていた、3度のオーバーランで最終的には7位で終わった。

その後レースはペドロサがトップに躍り出る。
レースはロッシが前を行くストーナー、ペドロサをパスするとそのままフィニッシュ。

中盤~終盤と後続にペドロサを従えたままのロッシは、ペドロサに距離を置くことなく走行していた。
もしやペドロサに最後に抜かれてしまうのでは?と思ったが、残り5周目あたりでファステストを記録、余力を持て余していたロッシにとってペドロサは敵では無かった。

ロッシは今季初勝利、MotoGPクラスで通算50勝目を飾った。
ストーナーは開幕戦以来の表彰台3位で終えた。中野は10位。

=====================================
PRAMAC GRAND PRIX OF CHINA MotoGP
Pos. Rider         Nation Team                    Total time
1    V. ROSSI      ITA    Fiat Yamaha Team        44'08.061
2    D. PEDROSA    SPA    Repsol Honda Team       + 3.890
3    C. STONER     AUS    Ducati Marlboro Team    + 15.928
4    J. LORENZO    SPA    Fiat Yamaha Team        + 22.494
5    M. MELANDRI   ITA    Ducati Marlboro Team    + 26.957
6    N. HAYDEN     USA    Repsol Honda Team       + 28.369
7    C. EDWARDS    USA    Tech 3 Yamaha           + 29.780
8    T. ELIAS      SPA    Alice Team              + 30.225
9    L. CAPIROSSI  ITA    Rizla Suzuki MotoGP     + 31.440
10   S. NAKANO     JPN    San Carlo Honda Gresini + 35.969
11   A. DOVIZIOSO  ITA    JiR Team Scot MotoGP    + 36.246
12   J. TOSELAND   GBR    Tech 3 Yamaha           + 43.191
13   R. DE PUNIET  FRA    LCR Honda MotoGP        + 43.442
14   J. HOPKINS    USA    Kawasaki Racing Team    + 45.855
15   S. GUINTOLI   FRA    Alice Team              + 46.330
16   A. DE ANGELIS RSM    San Carlo Honda Gresini + 50.593
17   A. WEST       AUS    Kawasaki Racing Team    + 1'05.593
Not classified 
     C. VERMEULEN  AUS    Rizla Suzuki MotoGP     16 Lap


World Championship MotoGP
Pos. Rider            Nation  Team                    Points
1    Dani PEDROSA     SPA     Repsol Honda Team       81
2    Jorge LORENZO    SPA     Fiat Yamaha Team        74
3    Valentino ROSSI  ITA     Fiat Yamaha Team        72
4    Casey STONER     AUS     Ducati Marlboro Team    56
5    Loris CAPIROSSI  ITA     Rizla Suzuki MotoGP     33
6    James TOSELAND   GBR     Tech 3 Yamaha           33
7    Colin EDWARDS    USA     Tech 3 Yamaha           31
8    Nicky HAYDEN     USA     Repsol Honda Team       29
9    Andrea DOVIZIOSO ITA     JiR Team Scot MotoGP    26
10   John HOPKINS     USA     Kawasaki Racing Team    26
11   Marco MELANDRI   ITA     Ducati Marlboro Team    23
12   Shinya NAKANO    JPN     San Carlo Honda Gresini 22



chn_Lorenzo.jpg
フリー走行1の12ラップ目にハイサイドから路面に叩きつけられたJ・ロレンソ、衝撃的な写真だ

フリー走行で転倒を喫したロレンソは4番手スタートから、序盤徐々に後続車にパスされた。
中盤以降、ペースアップに入りチェッカー時には予選と同じ4位フィニッシュ。
スズキのテストライダー、青木宣篤曰く相当量の痛め止め注射をしているとの本人の経験談を話していた。



□V.ロッシ、MotoGPクラスで通算50勝目! | The Official MotoGP Website
http://www.motogp.com/ja/news/2008/Rossi+breaks+winless+drought+with+China+triumph

□Result. & Estadisticas | The Official MotoGP Website
http://www.motogp.com/ja/Results+Statistics/2008/MotoGP/CHN

タグ:ロッシ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。