So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | -

第80回ル・マン24時間 [24時間経過] [モータースポーツ]

長い長い24時間のレースが終わりました。

lemans24.jpg

lemans24-24h.jpg

優勝はアウディスポーツ・チームヨースト「AUDI R18 E-TRON QUATTRO」で、マルセル・ファスラー(スイス)、アンドレ・ロッテラー(ドイツ)、ブノワ・トレルイエ(フランス)組が2連覇を達成した。ハイブリッドカーとしては初優勝だった。

このレースが耐久レースデビュー戦となったトヨタのハイブリッドカー「TS030ハイブリッド」の2台は中盤にリタイアを喫した。しかしレースでは優勝したアウディを凌ぐ速さを見せつけるなど年末の富士6時間や来年のル・マンに期待が膨らむ。


◆7号車トヨタ(エンジントラブルでリタイア)
アレックス・ブルツ(オーストリア)
 「レースは残念な結果に終わったが、アンソニー・デビッドソンが無事だったのは嬉しい。それこそが最も重要なことだ。我々のTS030 HYBRIDは高いレベルでのパフォーマンスを示し、いくつかポジティブな面を発見出来た。それだけでなく、改良すべき点を見いだし、今回のル・マン24時間レースは今後に向けた貴重な学習の場となった。我々のライバルがそれほど速くなかったことには少し驚いたが、デビュー戦となったル・マン24時間レースで首位を走れたのは、チーム全員にとって格別な喜びだ。我々は本当に速いペースで走れることを示し、いくつかの興味深い情報も得ることが出来た。」

ニコラス・ラピエール(フランス )
 「2台共にリタイアとなったのは残念だが、一方では、我々のパフォーマンスレベルには満足している。2台が共に上位を争ったことは非常に素晴らしい。今回はレースの前に短いテストプログラムを行っただけであり、信頼性の向上が必要なのはある程度分かっていた。しかし、プログラムはまだ始まったばかりであり、今回はデビューレースだ。我々は良い予選結果を得て、決勝レースでも良いスタートを切ることが出来た。アンソニー・デビッドソンについては私もチームメイト同様に、彼が一日も早く回復することを願っている。」

中嶋一貴
 「アンソニー・デビッドソンの怪我のことを聞くのは非常に辛い。チームの皆と同様、彼が一刻も早く回復することを願っている。我々の目標はチェッカーフラッグを受けることだったので、レース前半のリタイアは本当に残念だ。我々は良いスタートを切れたが、私のスティント中のセーフティカーラン終了後に、他の車両と接触してしまった。そしてその後、接触とは関係ないトラブルで時間をロスし、難しいコンディションで夜間走行をしなくてはならなかった。その上、タイヤの一本にフラットスポットが出来、大きな振動が出てしまった。また、タイヤの温度を上げるのが難しく、タイヤの性能を十分に引き出すのに苦戦した」

【ルマン24時間 2012】「プログラムはまだ始まったばかり」トヨタチームドライバーコメント | レスポンス
http://response.jp/article/2012/06/17/176296.html

◆8号車トヨタ(フェラーリに当てられ宙を舞う大クラッシュしリタイア)
ステファン・サラザン(フランス)
 「まず、アンソニー・デビッドソンがあのようなアクシデントから脱出出来たことに安堵しており、彼の一日も早い回復を願っている。レースについては、TS030 HYBRIDの競争力は高く、序盤こそ慎重だったが、ペースをつかんでからは良いリズムで、2台共にトップ3で争うことが出来た。TS030 HYBRIDは、わずか数ヶ月前に走り始めたばかりであり、ル・マン24時間レースでこのレベルで戦えたことは驚くべきことだ。もちろん失望はしているが、この経験は前向きに受け止めなければならないと考えている。」

セバスチャン・ブエミ(スイス)
 「アクシデントが起きるまで、初のル・マン挑戦としては信じられないほど上手く行った一日だった。TS030 HYBRIDは本当に速く、ライバルを脅かすに十分であった。我々は、とても強く、TS030 HYBRIDはそれを実証してくれた。我々のレースは終わってしまったが、とても強力にレースを戦える自信があった。少なくとも、高性能を発揮し、最後まで、チームの力を証明出来たはずだった。来年も帰ってきて、我々の真の力を発揮したい。チームは非常に素晴らしい仕事をしたので、残念な結果に終わったが、本来は、もっと良い結果が出るはずであった。そして、ニコラス・ラピエールがドライブしている時にレースをリードしたのだから、少なくとも我々はライバルを一時、凌いだことも事実だ。チームの皆は、このことに自信を持つべきだ。そして、アンソニー・デビッドソンが、一刻も早く復帰することを願い、これからもさらに頑張る。」

アンソニー・デビッドソン(イギリス)
 クラッシュのためコメント無し

【ルマン24時間 2012】「プログラムはまだ始まったばかり」トヨタチームドライバーコメント | レスポンス
http://response.jp/article/2012/06/17/176296.html




レース結果
Pos N   Cat         CP   Car                           Team                       T   Laps  Gap      Best lap  Pits
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 1   1  LM P1        1   AUDI R18 E-TRON QUATTRO       AUDI SPORT TEAM JOEST      M   378            3:25.706  33
 2   2  LM P1        2   AUDI R18 E-TRON QUATTRO       AUDI SPORT TEAM JOEST      M   377    1 Lap   3:24.276  32
 3   4  LM P1        3   AUDI R18 ULTRA                AUDI SPORT NORTH AMERICA   M   375    3 Laps  3:25.514  32
 4  12  LM P1        4   LOLA B12/60 COUPE - TOYOTA    REBELLION RACING           M   367   11 Laps  3:29.664  31
 5   3  LM P1        5   AUDI R18 ULTRA                AUDI SPORT TEAM JOEST      M   366   12 Laps  3:24.189  32
 6  22  LM P1        6   HPD ARX 03A - HONDA           JRM                        M   357   21 Laps  3:33.242  31
 7  44  LM P2        1   HPD ARX 03B - HONDA           STARWORKS MOTORSPORT       D   354   24 Laps  3:41.024  32
 8  46  LM P2        2   ORECA 03-NISSAN               THIRIET BY TDS RACING      D   353   25 Laps  3:40.728  30
 9  49  LM P2        3   ORECA 03-NISSAN               PECOM RACING               D   352   26 Laps  3:39.641  33
10  26  LM P2        4   ORECA 03-NISSAN               SIGNATECH NISSAN           D   351   27 Laps  3:41.860  31
11  13  LM P1        7   LOLA B12/60 COUPE - TOYOTA    REBELLION RACING           M   350   28 Laps  3:32.151  33
12  41  LM P2        5   ZYTEK Z11SN - NISSAN          GREAVES MOTORSPORT         D   348   30 Laps  3:41.316  32
13  25  LM P2        6   ORECA 03-NISSAN               ADR-DELTA                  D   346   32 Laps  3:38.803  33
14  35  LM P2        7   MORGAN MORGAN - NISSAN        OAK RACING                 D   341   37 Laps  3:40.654  31
15  42  LM P2        8   ZYTEK Z11SN - NISSAN          GREAVES MOTORSPORT         D   340   38 Laps  3:40.896  30
16  23  LM P2        9   ORECA 03-NISSAN               SIGNATECH NISSAN           D   340   38 Laps  3:41.119  30
17  51  LM GTE Pro   1   FERRARI 458 ITALIA            AF CORSE                   M   336   42 Laps  3:56.953  23
18  59  LM GTE Pro   2   FERRARI 458 ITALIA            LUXURY RACING              M   333   45 Laps  3:56.024  25
19  97  LM GTE Pro   3   ASTON MARTIN VANTAGE V8       ASTON MARTIN RACING        M   332   46 Laps  3:54.928  26
20  50  LM GTE Am    1   CHEVROLET CORVETTE C6 ZR1     LARBRE COMPETITION         M   329   49 Laps  3:58.534  25
21  67  LM GTE Am    2   PORSCHE 911 RSR (997)         IMSA PERFORMANCE MATMUT    M   328   50 Laps  3:58.579  26
22  71  LM GTE Pro   4   FERRARI 458 ITALIA            AF CORSE                   M   326   52 Laps  3:57.163  22
23  73  LM GTE Pro   5   CHEVROLET CORVETTE C6 ZR1     CORVETTE RACING            M   326   52 Laps  3:56.216  26
24  45  LM P2       10   ORECA 03-NISSAN               BOUTSEN GINION RACING      D   325   53 Laps  3:40.491  31
25  57  LM GTE Am    3   FERRARI 458 ITALIA            KROHN RACING               D   323   55 Laps  4:00.608  28
26  40  LM P2       11   ORECA 03 - JUDD               RACE PERFORMANCE           D   320   58 Laps  3:42.165  31
27  79  LM GTE Am    4   PORSCHE 911 RSR (997)         FLYING LIZARD MOTORSPORTS  M   313   65 Laps  3:56.596  22
28  70  LM GTE Am    5   CHEVROLET CORVETTE C6 ZR1     LARBRE COMPETITION         M   309   69 Laps  4:00.679  25
29  43  LM P2       12   NORMA MP 2000 - JUDD          EXTREME LIMITE ARIC        D   308   70 Laps  3:50.571  29
30  21  LM P1        8   HPD ARX 03A - HONDA           STRAKKA RACING             M   303   75 Laps  3:31.529  30
31  61  LM GTE Am    6   FERRARI 458 ITALIA            AF CORSE-WALTRIP           M   294   84 Laps  3:58.821  22
32  83  LM GTE Am    7   FERRARI 458 ITALIA            JMB RACING                 M   292   86 Laps  4:02.213  22
33  55  LM GTE Am    8   PORSCHE 911 RSR (997)         JWA-AVILA                  P   290   88 Laps  4:04.333  23
34  74  LM GTE Pro   6   CHEVROLET CORVETTE C6 ZR1     CORVETTE RACING            M   215  163 Laps  3:56.835  22
35  17  LM P1        9   DOME JUDD                     PESCAROLO TEAM             M   203  175 Laps  3:33.560  22
36  38  LM P2       13   ZYTEK Z11SN - NISSAN          JOTA                       D   271  107 Laps  3:41.683  25
37  33  LM P2       14   HPD ARX 03B - HONDA           LEVEL 5 MOTORSPORTS        D   240  138 Laps  3:42.230  22
38  30  LM P2       15   LOLA JUDD                     STATUS GRAND PRIX          D   239  139 Laps  3:41.976  24
39  88  LM GTE Am    9   PORSCHE 911 RSR (997)         TEAM FELBERMAYR-PROTON     M   222  156 Laps  4:00.305  18
40  15  LM P1       10   OAK PESCAROLO - JUDD          OAK RACING                 D   219  159 Laps  3:36.321  21
41  66  LM GTE Pro   7   FERRARI 458 ITALIA            JMW MOTORSPORT             D   204  174 Laps  4:00.827  15
42  48  LM P2       16   ORECA 03-NISSAN               MURPHY PROTOTYPES          D   196  182 Laps  3:40.770  17
43  77  LM GTE Pro   8   PORSCHE 911 RSR (997)         TEAM FELBERMAYR-PROTON     M   184  194 Laps  3:58.520  14
44  75  LM GTE Am   10   PORSCHE 911 RSR (997)         PROSPEED COMPETITION       M   180  198 Laps  4:00.546  15
45  31  LM P2       17   LOLA B12/80 COUPE - LOTUS     LOTUS                      D   155  223 Laps  3:46.261  16
46  58  LM GTE Am   11   FERRARI 458 ITALIA            LUXURY RACING              M   146  232 Laps  4:01.171  12
47  24  LM P2       18   MORGAN JUDD                   OAK RACING                 D   139  239 Laps  3:41.838  12
48   7  LM P1       11   TOYOTA TS 030 - HYBRID        TOYOTA RACING              M   134  244 Laps  3:27.088  14
49  80  LM GTE Pro   9   PORSCHE 911 RSR (997)         FLYING LIZARD MOTORSPORTS  M   114  264 Laps  3:57.824  12
50  28  LM P2       19   LOLA B12/80 COUPE - NISSAN    GULF RACING MIDDLE EAST    D    92  286 Laps  3:45.353  12
51   8  LM P1       12   TOYOTA TS 030 - HYBRID        TOYOTA RACING              M    82  296 Laps  3:27.101   7
52   0  CDNT         1   DELTA WING DELTA WING NISSAN  HIGHCROFT RACING           M    75  303 Laps  3:45.737   7
53  81  LM GTE Am   12   FERRARI 458 ITALIA            AF CORSE                   M    70  308 Laps  4:03.041   4
54  99  LM GTE Am   13   ASTON MARTIN VANTAGE V8       ASTON MARTIN RACING        M    31  347 Laps  3:58.934   6
55  16  LM P1       13   PESCAROLO 03 - JUDD           PESCAROLO TEAM             M    20  358 Laps  3:44.206   5
56  29  LM P2       20   LOLA B12/80 COUPE - NISSAN    GULF RACING MIDDLE EAST    D    17  361 Laps  3:49.076   1





■リンク

24 Heures du Mans - Actualites de la course
http://www.lemans.org/fr/courses/24h-actualites-course.html

日本ミシュランタイヤ モータースポーツレポート Le Mans 24 hours
http://www.michelin.co.jp/Motorsports_report/lemans_24hours/2012/06/

LeMans TV Live
http://live.lemans-tv.com/
 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

第80回ル・マン24時間 [21時間経過] [モータースポーツ]

トップ4独占だったアウディ陣営が相次いでクラッシュを演じてしまった。

lemans24.jpg

まず映像に飛び込んできたのが、3号車アウディ「AUDI R18 ULTRA」が第一シケインと14時間前と同じ箇所で今回は単独で右フロントからタイヤバリアへのクラッシュだった。
ピット作戦では前回と同じ右フロントサスペンションの交換作業を行った。11分でのピット作業だった。

lemans24-audi_3.jpg

次に飛び込んできた映像は、トップと約20秒差で2位走行中だった2号車アウディ「R18 E-TRON QUATTRO」、GTクラスのフェラーリとの接触で右フロントからウォールにヒット。8分弱で壊れたフロントカウルを装着して再びコースインしていった。

lemans24-audi_2.jpg

しかし、アウディの作業は速すぎる。2台ともリタイアに追い込まれず走っているのだから流石の一言。


21時間経過
lemans24-21h.jpg


中嶋一貴(7号車・トヨタTS030ハイブリッド)
「(デルタウイングの接触について)見えていなかった。あの後に本山さんに謝りました」



■リンク

24 Heures du Mans - Actualites de la course
http://www.lemans.org/fr/courses/24h-actualites-course.html

日本ミシュランタイヤ モータースポーツレポート Le Mans 24 hours
http://www.michelin.co.jp/Motorsports_report/lemans_24hours/2012/06/

LeMans TV Live
http://live.lemans-tv.com/
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

第80回ル・マン24時間 [14時間経過] [モータースポーツ]

「ル・マン24時間レース」が始まって6時間が経過時には、トヨタ「TS030ハイブリッド」とフェラーリ「458 ITALIA」での接触により1時間以上のセーフティカー導入と、マシンの撤去、ガードレールの補修が行われていた。

lemans24.jpg

一度は先頭に立った7号車トヨタは、セーフティカー中のピット作戦で2位に落ちていた。リスタートは1位に1号車アウディ「R18 E-TRON QUATTRO」、間に周回遅れの4号車アウディ「AUDI R18 ULTRA」、そして2位の7号車トヨタの序列からコース終盤から始まった。

1号車アウディを抜きに掛かった7号車トヨタのドライバー中嶋一貴がアウト側にマシンを振った際に、なんと本山哲がハンドルを握る0号車日産「デルタウイング」と接触をして右リアタイヤを痛め緊急ピットインを余儀なくされた。


中嶋一貴がハンドルを握るという一抹の不安はこうしていきなりやってきた。速さが無く、クラッシュが多いイメージのドライバーとしかF1での印象がない。
昨年、日本に舞台を移して戦っていたが残念ながら世界の舞台で戦うには実力がなさ過ぎるのではないのか? 8号車を見てなかったフェラーリのアマチュアドライバーと同じ事をしていて情けないの一言だ。

このピットで修復に3分を要した7号車トヨタだが、その後に再びトラブルでガレージにマシンを入れカウルというカウルを剥ぎ取りながらオルタネーターの修復するピットの姿があった。
2時間近くの修復の後、マシンを送り出したが134周をこなしたそのマシンはエンジントラブルでそのままリタイアとなってしまった。
こうしてトヨタのデビュー戦は鮮烈な速さを見せると共に、デビュー戦らしいチームのマシンの弱さを露呈した。


クラッシュに巻き込まれた日産「デルタウイング」は、ドライバーの本山哲自らコース上で修復作業を試みるもリタイアに追い込まれた。
不運な出来事でリタイアに追い込まれてしまった本山、日産陣営の悔しさは図りしれない。



同じようにクラッシュでドライバー自らがカウルを剥いで自走でピットまで走った3号車アウディは現在快調に5番手を走行中だ。


14時間経過
Pos N Cate     Car                    Laps  Bestlaps
1   1   LM P1    AUDI R18 E-TRON QUATTRO      235  3:26.302
2   2   LM P1    AUDI R18 E-TRON QUATTRO      235  3:27.366
3   4   LM P1    AUDI R18 ULTRA               233  3:27.566
4   12  LM P1    LOLA B12/60 COUPE - TOYOTA   228  3:32.859
5   3   LM P1    AUDI R18 ULTRA               226  3:26.633
6   13  LM P1    LOLA B12/60 COUPE - TOYOTA   223  3:33.527
7   44  LM P2    HPD ARX 03B - HONDA          220  3:41.304
8   22  LM P1    HPD ARX 03A - HONDA          220  3:34.826
9   49  LM P2    ORECA 03-NISSAN              219  3:40.943
10  26  LM P2    ORECA 03-NISSAN              219  3:43.134

主なリタイア
48  7   LM P1    TOYOTA TS 030 - HYBRID       134  3:27.088
51  8   LM P1    TOYOTA TS 030 - HYBRID        82  3:27.101
52  0   CDNT     DELTA WING DELTA WING NISSAN  75  3:45.737
53  81  LM GTEAm FERRARI 458 ITALIA            70  4:03.041







■リンク

24 Heures du Mans - Actualites de la course
http://www.lemans.org/fr/courses/24h-actualites-course.html

日本ミシュランタイヤ モータースポーツレポート Le Mans 24 hours
http://www.michelin.co.jp/Motorsports_report/lemans_24hours/2012/06/

LeMans TV Live
http://live.lemans-tv.com/
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

第80回ル・マン24時間 [5時間経過] [モータースポーツ]

伝統のレース「第80回ル・マン24時間」が始まりました。

lemans24.jpg

今年は既にF1モナコGP、インディのインディ500は終えているので世界三大レースのトリを務めるのがこの「ル・マン24時間レース」だ。


開始から5時間の内、3時間ほど見ていますが、このレースがデビュー戦となるトヨタTS030の2台が健闘していました。

4時間経過時には、[1号車]アウディ「R18 E-TRON QUATTRO」、[8号車]トヨタ「TS030ハイブリッド」、[7号車]トヨタ「TS030ハイブリッド」、[3号車]アウディ「R18 ULTRA」の隊列でトップ争いが進んでいましが、クラッシュがありました。

3号車のアウディが第一シケインでバックマーカーを抜く際にタイヤがグリップしないラインまで行ってしまいタイヤバリアに右フロントから激突、マシンの右サスペンションが壊れるほどのクラッシュを演じてしまいました。
その後、ドライバーが自走でピットまで辿り着き、ピットで大慌ての作業が始まりました。

それから30分後には更なるクラッシュ映像が流れてきた。

アンソニー・デビッドソンが駆る8号車がGTクラスのフェラーリに絡まれて宙を舞う大クラッシュが起きてしまいました。

lemans24-toyota_ferrari_clash1.jpg

lemans24-toyota_ferrari_clash2.jpg

lemans24-toyota_ferrari_clash3.jpg

lemans24-toyota_ferrari_clash4.jpg

lemans24-toyota_ferrari_clash5.jpg

lemans24-toyota_ferrari_clash6.jpg

lemans24-toyota_ferrari_clash7.jpg

lemans24-toyota_ferrari_clash8.jpg

セーフティーカーが導入されるような展開となってしまいました。

アウディとトヨタのピット戦略はアウディ側が12周、トヨタが11周(11.5)とのことでアウディが依然分があるようだ。

アンドレ・ロッテラー(1号車・アウディドライバー)
「トヨタがああいったクラッシュに巻き込まれたのは残念だ。VTRを観たがデビッドソンはフェラーリのインを付いていて抜きに掛かっていたが、フェラーリのドライバーは明らかにデビッドソンの車を見ていなかった。ル・マン24時間はプロドライバー以外にも間口を大きくアマのドライバーも走っている。ドライバーの力量のチェックも必要だ。これからもナイトセッションに入ってくるので気をつけてもらいたい」



lemans24-5h.jpg
「第80回ル・マン24時間」5時間超経過時


■リンク

24 Heures du Mans - Actualites de la course
http://www.lemans.org/fr/courses/24h-actualites-course.html

日本ミシュランタイヤ モータースポーツレポート Le Mans 24 hours
http://www.michelin.co.jp/Motorsports_report/lemans_24hours/2012/06/
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

佐藤琢磨のインディカー初表彰台をみた! [モータースポーツ]

久々にインディカーをテレビで観ました。

前はNHK BSでもやっていたのですが、今はGAORA独占。
17:30放送開始を忘れていて18:30過ぎから観てみました(再放送)。

indy-satotakuma-2.jpg
英語でインタビューを受ける3位に入った佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)

なぜ見たくなったかというと、トーチュウにて佐藤琢磨がエンジントラブルでタイムなしの最後尾スタートで有ることと今回からホンダエンジンが新規格のエンジンになったことだったので。

テレビを付けると琢磨はまだ後方16位だった。
すでにイエローコーションが2回も起こっていると荒れた状況だった。

2ストップ作戦を講じる琢磨はコース上で次々とライバルカーをパス。
気付くと10位まで上がってた。

しかしインディはF1のような洗練されたレースではない至る所で何かやっている
それがこのレースではセーフティーカーが計4回も出動するように見て取れる。
それを好意的に取れば至る所でバトルが展開されていて、F1より楽しいのである。

indy-satotakuma-1.jpg
レース終盤3位走行する佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)=中央

上位陣がピット戦力を終えた時には5位につけていた。
そこで3回目のイエローコーション、リスタートで前のエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)、ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ)の2台を一気にパスし3位に浮上。
琢磨の後方で7~8台が絡む多重クラッシュでまたまたイエローコーション本日4回目。
しかしクラッシュしたマシン達はなんと全車コースに戻るというインディカーマシン強しを垣間見た。

レースはそのままPPスタートのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が優勝、ライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・レーシング)が2位、そして我らの佐藤琢磨が3位表彰台に立った!
シャンパンの栓が開かないなど洗練さていないアメリカンな表彰台も観た。
ルーベンス・バリチェロは10位だった。

こんな美味しいレースを観れて良かった!

しかし琢磨はこの数レースはストレスの貯まるレースだった。
前戦は確か終盤3位走行中にブツケれらたりと速いのに結果が伴わなかった。

次戦は世界三大レースの一つであるインディ500(5月28日(月) 0:00 ~ 5:00)だ。
インディアナポリス・モーター・スピードウェイ (IMS) で1ヶ月掛けて行うビッグイベント。

今回観たGAORAの中継で、解説の松田秀士・松浦孝亮、実況の村田晴郎のコンビは聞いていて面白かった。的を外している場面もあったがそこはライブですからご愛嬌。

しっかし、シボレー強いな~
ホンダもツインターボ欲しいよな~


■リンク

Stats - IndyCar.com
http://www.indycar.com/Stats

Sao Power: Driver wins third in a row in Brazil
http://www.indycar.com/News/2012/April/4-29-Brazil-race

インディカー・シリーズ 2012 | モータースポーツ | GAORA
http://www.gaora.co.jp/motor/1535190

Video: Highlights of bumps, runs in the exciting race
http://www.indycar.com/en/News/2012/April/4-29-Video-Brazil-race-highlights
 
nice!(0)  コメント(0) 

「SUPER GT」2012年エントリーリスト [モータースポーツ]

2012年の「SUPER GT」エントリーリストが発表されています。

supergt.jpg

中でも注目はスバルの新型スポーツ「BRZ」がGT300クラスに61号車(山野哲也、佐々木孝太)でエントリーされています。
ハイブリッドカーのトヨタ「プリウス」も同じくGT300クラスに31号車(新田守男、嵯峨宏紀)、そして第4戦からホンダのハイブリッドカー「CR-Z」の16号車(武藤英紀)の参戦も決まっています。


■スケジュール
  • 第1戦 (3/31-4/1) 岡山国際サーキット
  • 第2戦 (5/3-4)   富士スピードウエイ
  • 第3戦 (6/16-17) セパン・インターナショナル・サーキット
  • 第4戦 (7/28-29) スポーツランド菅生
  • 第5戦 (8/18-19) 鈴鹿サーキット
  • 第6戦 (9/15-16) 富士スピードウエイ
  • 第7戦 (10/6-7)  オートポリス
  • 第8戦 (10/20-21) ツインリンクもてぎ
  • JAF GP(11/9-11) 富士スピードウエイ

■GT500クラス
No Driver Machine Entrant Tire
1 柳田 真孝
ロニー・クインタレッリ
NISSAN
GT-R
MOLA
S Road REITO MOLA GT-R
MI
12 松田 次生
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
TEAM IMPUL
カルソニックIMPUL GT-R
BS
23 本山 哲
ミハエル・クルム
NISMO
MOTUL AUTECH GT-R
BS
24 安田 裕信
ビヨン・ビルドハイム
KONDO RACING
D'station ADVAN GT-R
YH
6 伊藤 大輔
大嶋 和也
LEXUS
SC430
LEXUS TEAM LeMans ENEOS
ENEOS SUSTINA SC430
BS
19 荒 聖治
アンドレ・クート
LEXUS TEAM WedsSport BANDOH
WedsSport ADVAN SC430
YH
35 国本 雄資
アンドレア・カルダレッリ
LEXUS TEAM KeePer Kraft
KeePer Kraft SC430
BS
36 中嶋 一貴
ロイック・デュバル
LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S
PETRONAS TOM'S SC430
BS
38 立川 祐路
平手 晃平
LEXUS TEAM ZENT CERUMO
ZENT CERUMO SC430
BS
39 脇阪 寿一
石浦 宏明
LEXUS TEAM SARD
DENSO KOBELCO SC430
MI
8 ラルフ・ファーマン
小林 崇志
Honda
HSV-010 GT
AUTOBACS RACING TEAM AGURI
ARTA HSV-010
BS
17 金石 年弘
塚越 広大
KEIHIN REAL RACING
KEIHIN HSV-010
BS
18 小暮 卓史
カルロ・ヴァン・ダム
ウイダー ホンダ レーシング
ウイダー HSV-010
BS
32 道上 龍
中山 友貴
NAKAJIMA RACING
EPSON HSV-010
DL
100 伊沢 拓也
山本 尚貴
TEAM KUNIMITSU
RAYBRIG HSV-010
BS



■GT300クラス
No Driver Machine Entrant Tire
0 谷口 信輝
片岡 龍也
BMW
Z4 GT3
GSR&Studie with TeamUKYO
GSR 初音ミク BMW
YH
4 番場 琢
佐々木 雅弘
GSR&Studie with TeamUKYO
GSR ProjectMirai BMW
YH
2 高橋 一穂
加藤 寛規
紫電
MC/RT-16
Cars Tokai Dream28
エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電
YH
3 関口 雄飛
千代 勝正
NISSAN
GT-R NISMO GT3
NDDP RACING
S Road NDDP GT-R
YH
5 玉中 哲二
植田 正幸
Ferrari
458 GT3
TEAM MACH
マッハGoGoGo車検Ferrari458
YH
10 TBN
TBN
TBN GAINER
TBN
TBN
11 田中 哲也
平中 克幸
Audi
R8-LMS ultra
GAINER
GAINER DIXCEL R8 LMS
DL
14 折目 遼
アレキサンドレ・インペラトーリ
LEXUS
IS350
Team SGC
Team SGC IS350
YH
15 ティム・ベルグマイスター
土屋 武士
PORSCHE
911 GT3 R
TEAM ART TASTE
ART TASTE PORSCHE
YH
16 武藤 英紀
TBN
Honda
CR-Z
TEAM 無限
TBN
TBN
20 マイケル・キム
野田 英樹
Audi
R8-LMS
Hitotsuyama Racing
Racerbook Audi R8 LMS
YH
21 都筑 晶裕
シンディ・アレマン
Hitotsuyama Racing
ZENT Audi R8 LMS
YH
22 和田 久
城内 政樹
Vemac 350R R'Qs MotorSports
R'Qs Vemac 350R
YH
25 TBN
TBN
TBN SAMURAI Team TSUCHIYA
TBN
TBN
26 TBN
TBN
TBN Team TAISAN ENDLESS
TBN
YH
27 山岸 大
井口 卓人
Ferrari
F430 GTC
LMP MOTORSPORT
PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ
YH
30 岩崎 祐貴
坂本 雄也
Audi
R8-LMS ultra
apr
IWASAKI MODAクロコ apr R8
YH
31 新田 守男
嵯峨 宏紀
TOYOTA
PRIUS
apr
apr HASEPRO PRIUS GT
YH
33 影山 正美
藤井 誠暢
PORSCHE
911 GT3 R
HANKOOK KTR
HANKOOK PORSCHE
HK
43 高木 真一
松浦 孝亮
ARTA
Garaiya
AUTOBACS RACING TEAM AGURI
ARTA Garaiya
BS
48 高森 博士
密山 祥吾
Chevrolet Corvette
Z06R GT3
DIJON Racing
DIJON音々CALLAWAYワコーズED
YH
360 田中 篤
菊地 靖
TOMEI SPORTS
RUNUP CORVETTE
YH
52 竹内 浩典
黒澤 治樹
Mercedes-Benz
SLS AMG GT3
GREEN TEC & LEON with SHIFT
GREEN TEC & LEON SLS
YH
61 山野 哲也
佐々木 孝太
SUBARU
BRZ GT300
R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT
YH
66 吉本 大樹
星野 一樹
Aston Martin
V8 Vantage
A speed
triple a Vantage GT2
YH
85 坂本 祐也
加納 政樹
Lamborghini
GALLARDO RG-3
JLOC
JLOC Exe ランボルギーニ RG3
YH
86 山下 潤一郎
松田 秀士
JLOC
Verity BOMEX ランボ RG3
YH
87 山西 康司
山内 英輝
Lamborghini
GALLARDO LP600+ GT3
JLOC
JLOC ランボルギーニ GT3
YH
88 織戸 学
青木 孝行
JLOC
マネパ ランボルギーニ GT3
YH
911 峰尾 恭輔
横溝 直輝
PORSCHE
911 GT3 R
Team TAISAN ENDLESS
エンドレス TAISAN 911
YH



■リンク

SUPER GT.net
http://supergt.net/

2012 GT500 ENTRY LIST - SUPER GT
http://supergt.net/pages/pg:tnd/device:pc/ln:ja
 
nice!(0)  コメント(0) 

シューマッハ&ベッテルのドイツ勢4連覇 レース・オブ・チャンピオンズ [モータースポーツ]

ドイツ・デュッセルドルフで開催されたレース・オブ・チャンピオンズ(RoC)のネイションズカップ決勝で、ミハエル・シューマッハとセバスチャン・ベッテルのドイツ勢がイギリスチームを破って4連覇を達成した。

シューマッハ&ベッテルがRoCを4連覇! | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1
http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/35362.html

動画で見ると凄い楽しいです。
シューマッハの改めての凄さを肌で感じました。


"Race of Champions" schumacher 2010 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=%22Race+of+Champions%22+schumacher+2010&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a


■リンク

Race of Champions - Dusseldorf, November 27-28 2010
http://www.raceofchampions.com/

レース・オブ・チャンピオンズ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%BA
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

NSX-GT、遂に活動終了 [モータースポーツ]

2005年、ホンダのスペシャリティカー「NSX」が生産中止となってから、早4年。

スーパーGTでは市販車生産中止から5年をもって参戦できなくなるのだが、
23日、ホンダは今季限りでの「NSX-GTプロジェクト」の終了を発表した。

nsx-gt.jpg

NSXを継続参戦させるために、NSXをFR化にして参戦するなどの話も出た。
しかし、これはNSXオーナー様に顔向けできないということで話は流れた。

ホンダは来季も参戦の計画があるようで、NSXの後継車をベースに参戦か?
と今回のトーチュウでは書かれています。

ホンダNSX(全日本GT選手権/スーパーGT)
通算105戦 49PP、36勝

Honda | クルマ | NSX
http://www.honda.co.jp/NSX/

ホンダ・NSX - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBNSX

Honda | SUPER GTシリーズへのNSX-GTでの参戦終了について
http://www.honda.co.jp/SuperGT/news2009/01/
タグ:NSX
nice!(1)  コメント(0) 

スバルがWRCワークス活動終了 [モータースポーツ]

16日に富士重工業が今季2008年限りの世界ラリー選手権(WRC)からのワークス活動の撤退を発表しました。

15日のスズキの参戦一年目での撤退に驚いていましたが、日本自動車メーカーの撤退話はこれでF1ホンダ、WRCスズキに続き3件目となりました。尚スズキはMotoGP予算縮小するとか。

スバルといえばインプレッサですね、90年代の三菱ランサーとの技術革新は目を見張るものがありました。
フル参戦した1994年の翌年から3年連続のWRCマニュファクチャラーズ・ チャンピオンに輝き、
そのWRCでの成功は市販社にもフィードバックされ、スペシャリティカー「WRX RA STI」が市場に投入されました。

1998年には500万円カー「22B-STI Version」が400台限定で発売されました。
2000年の2代目インプレッサは丸目ライトで随分カッコ悪いもの投入するなーなんて思ってました。

2000年代のWRCは、スバルの3連覇、三菱ランサーを駆ったトミ・マキネンの4年連続ドライバーズチャンピオンと90年代を席巻していた日本メーカーは、フォード(フォーカスWRC)、プジョー(206 WRC)などの海外勢の台頭で後退しているのが現状ではないでしょうか。

ラリージャパンも開催されるようになって日本元気になってるなーっと思ってたのに、
スバル=ラリーの方程式も最近の車販売の不振には勝てませんな。

■リンク

富士重工業株式会社
http://www.fhi.co.jp/

スズキ株式会社
http://www.suzuki.co.jp/

スバル・インプレッサ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5

livedoor ニュース - スバルはなぜWRCから撤退するのか――社長会見を(ほぼ)完全収録
http://news.livedoor.com/article/detail/3943904/

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

M・シューマッハ、来季はWSBに参戦? ホンダは準備OK! [モータースポーツ]

来季MotoGPのシートを喪失したホンダの中野真矢が参戦するスーパーバイク世界選手権(WSB)ですが、
なんとホンダが元F1王者ミハエル・シューマッハのレース参戦の準備が整っていると語った。

f111162.jpg
本日11/16付け、東京中日スポーツより

14日のイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた記事によると、ホンダ・ヨーロッパの幹部、カルロ・フィオラーニ氏のコメントを記した。

カルロ・フィオラーニ氏
「今のところ彼(シューマッハ)から2009年のレースに出たいという要請はないが、もし彼が望むなら、すでにバイクは用意してある。彼が声をかけてくれればすべて決まる」


はたして来季のWSB参戦はあるのか? まあないだろう

□リンク

Michael Schumacher - Official Website
http://www.michael-schumacher.de/

□ソース

Le nuove sfide   di Schumi e Vale - Gazzetta dello Sport
http://www.gazzetta.it/Motori/Formula1/Primo_Piano/2008/11/14/schumivale.shtml

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - モータースポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。